ミライオンの人材開発支援

ミライオンがお手伝いできる貴社の課題

ミライオンの人材開発支援

 

人材育成ができていれば、社長はいつでも引退できる

従業員にどんどん仕事を任せられ、社長がいつでも引退できるようになるような、
人材育成を実施するために大切なことって何だと思いますか?

LINEやZOOM、もちろんEメールなど、社内でのコミュニケーションのためのツールが増えています。
あなたの会社でも当然使用されているでしょう。
自社の社員全員にメールを送り、社長の想いや今後の会社の方針などを伝えることもあるのではないでしょうか?

しかしながら、社長からメッセージを発信しても、社員から返信がない、反応がない、といったこともよく聞きます。
会議の場で新しいプロジェクトへの参加希望者を募っても立候補者がいないなど、がっかりされていることもあるでしょう。

人材育成のことを考えると正直、気が重くなりませんか?
特に一社で働くだけではなく、転職が当たり前になっている昨今で、新入社員の育成にコストをかけても、すぐに辞めてしまうかもしれません。

育てても辞められてしまってはと考えると、人材育成に投資しようという気持ちが萎えてこられるでしょう。

長年をかけて、大きくしてきた会社で、いまだになんでもかんでも自分で決定をしないといけないことのご心労をお察しします。
これまで人材育成をしてこなかったというわけでもないのに、
なかなか自分の仕事を任せられるほど従業員が成長していないという状況は非常に多くの会社で見受けられます。

人材が育成でき、仕事を任せられるようになっていれば、いつでも引退ができるようになります。
新規事業などの新しい取り組みに取り組むこともできるようになります。

人材育成が難しい理由

それでは、なぜ、人材が育ってきていないのでしょうか?

仕事に対する姿勢が受け身で、挨拶の声が小さく、覇気のない従業員が、変わらないのでしょうか?
これまで導入してきた様々な研修は効果が期待したほど感じられなかったのはどうしてでしょうか?

その大きな要因の一つは、人材育成の取り組みと、あなたの会社の組織文化がかみ合っていないということです。

組織文化とは、例えば、会議は協議する場ではなく、社長や部課長からの指示を聞く場であることが当たり前になっている企業の場合、
会議などの場において自分の意見を述べるということに抵抗感を強く感じる従業員が多くなるでしょう。
また上司も下からの意見に耳を傾けるということに抵抗感を感じると考えられます。

そのような企業において、経営陣が従業員の受け身の姿勢に不満を覚えたとしましょう。
主体的に考え、もっと協議をするようになるような研修を実施し、従業員の行動が変化することを期待しても、
暗黙的な組織文化と敵対するので、定着するのが難しいのです。

このように組織文化とマッチしないトレーニングを実施しても、
従業員の行動変化につながるように定着させるのはとても難しいことが多いです。
どうしても社員を見ていると物足りない部分に目がいってしまうものです。
ただ、その欠点はもしかするとあなたの会社では改善する必要がないことかもしれません。

あなたの会社の人材を育成していくのにあたって、あなたの会社の組織文化を無視することはできないのです。
組織文化を理解したうえで、どういった風に人材を育成するかを考え、
それにあった研修などの育成施策を導入していかないと効果的ではありません。

組織文化は当たり前になっていて自覚しづらい

また、新入社員者や中途入社の社員がなかなか戦力化できないときに、その社員の責任になっていませんでしょうか?
もしかすると、トレーニングの制度や担当者の問題かもしれません。

特に中途入社の社員の場合は、それまでの前職までの会社の組織文化の影響を強く受けているということもあります。
つまり、その中途社員にとって当たり前になっていることと、
あなたの会社の当たり前になっていることで大きな違いがある可能性があるのです。

その場合、中途入社の社員のこれまでの経験が、あなたの会社に適応するのにあたって足かせになり、
それが原因でパフォーマンスが上がってこないということがよくあります。
これは、その中途入社の社員の問題・責任といってしまうのはかわいそうではないですか?
あなたの会社の育成の問題ともいえないかもしれません。

人材育成においては、会社の組織文化が与える影響がとても大きいということがご理解いただけましたでしょうか?
中途入社の社員の場合は、その社員がどういう組織文化の会社にこれまで所属していて、
どういう価値感が当たり前になっているのかを理解する必要が出てくることもあるのです。

ただ、いまあなたの会社の組織文化を教えてくださいとあなたに聞くとするとしましょう。
すぐにお答えいただくのは、少し難しくないですか?

あなたの会社のことなのに、どうして組織文化をすぐに答えようとすると難しいのでしょうか?
きっとそれは、当たり前になっているからです。

こういったときにこうするといった、当たり前になっていること、潜在意識化の言動が組織文化に影響を受けているものなのです。
当たり前になりすぎると、社内にいる人たちには自覚しづらく、明確になっていないことがよくあります。

組織文化に向き合うところから人材育成の方針が見えてくる

人材育成において、組織文化の重要性はお分かりいただけましたか?
ミライオンの人材育成は、まずあなたの会社の組織文化と向き合うところから始めます。
そのうえで、何が取り組むべき課題なのかを、あなたと一緒に設定していきます。

ただいま、初回相談を無料で受けていただけます。
初回相談では、ご一緒にあなたの会社の組織文化について考えます。
きっと新たな気づきがあるかと思います。

「無料相談について」と明示する形でお問い合わせいただけますと幸いです。
またご相談されたい内容を事前に具体的にお教えいただけますと、より有意義な相談時間となるかと思います。

無料相談の日時や場所などは、メールにてご相談させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

コンサルティングサービスの価格

 
内容 価格
月1プラン 月間訪問1回
(1回あたり120分以上)
月額07万円
(税別・交通費別途)
通常プラン 月間訪問2回
(1回あたり120分以上)
月額10万円
(税別・交通費別途)
プレミアムプラン 月間訪問4回
(1回あたり120分以上)
月額15万円
(税別・交通費別途)
お問い合わせはコチラ

コンサルティングサービスの導入の流れ

 

ミライオンのコンサルティングサービス一覧

お問い合わせはコチラ