ミライオンの人材開発ブログ

 

【転職】採用担当者の目に留まる職務経歴書・履歴書の作り方

転職活動の職務経歴書の作成で悩んでいません?

ご存じの通り、職務経歴書が書類選考の肝です。

この記事では、効果的な職務経歴書の作成の方法をご紹介します。

記事を読み終えると、職務経歴書の作成についてこれまで異なる視点を持っていただけるでしょう。


  職務経歴書と履歴書

求人票と応募先企業のHPなどを調べ、どういう人材を求めているか(MUST)をできる限りイメージして、それにマッチすることを記述する

私は、これまで採用する側と採用される側の援助の双方に携わってきました。もちろん私自身も何度か職務経歴書を作成しています。

まず、採用する側で数百人の書類選考をしたときに感じたことですが、選考者の手を止めることが大切です。

人気の求人になればなるほど、応募数が増えます。

1人の担当者が数多くの書類を見ているとすると、丁寧に読んでもらえないと考える方が妥当です。

職務経歴書でもっとも見られるのは、職務経歴です。

その企業の求人に対して職務経歴が魅力的ならそれだけで選考は通過するのでいいですが、そうではない場合は、工夫が必要ですよね。

まず、手を止めて読んでもらえるための工夫が必要です。

手を止めてもらうためには、とがることが大切です。志望動機と自己PRで尖って、気になる存在になることを目指すのです。

そのような書類を作成するステップは、MUST → CAN → WILL です。

まず、MUSTとは、志望先企業があなたに求めていることです。

つまり採用にあたっての必要条件なので、それを満たしてますよというのを明確にわかりやすく示す必要があります。

まずは、志望先企業がどんな人材を求めているかできる限り調べましょう。

求人票だけでなく、HPも見ます。

できる限り、求人票の仕事に就いたらどのような仕事をするかをイメージしましょう。

そして、そういった仕事をするのはどういう人材がその企業にとってありがたいかをイメージします。

どこまでイメージできるかがとても大切です。

そしてそういう人材であるということをアピールするのです。

もちろん、アピールには根拠がなくてはいけません。自分の経験のなかで、根拠として示せるエピソードを探します。

つまり、応募先企業の求める要件(MUST)に対して、自己アピールとその根拠となるエピソードの3つを記述していくのです。


あなたの強みで何ができるかは企業が最も知りたいところ。強みを命名してわかりやすく、遠慮せずに伝えよう

中途採用において、採用側が考えるのは、すぐに使える即戦力が欲しいということです。

会社にすぐに貢献してくれる人を採用したいと考えます。

できれば、これまでの経験を活かして、組織に新しい風を起こしてほしいと思います。

でも、会社のやり方には早く適応して、うちのやり方で仕事を進めてほしいと思います。

つまり、できる限りこれまでの経験から、何ができるか(CAN)をアピールします。

でも、それに固執しているわけではなく、志望先企業の中で働くことになったら、あなたの会社に適応して一生懸命頑張ります、みたいなことも同時に伝える必要があります。

ですので、CANのアピールを職務経歴書で、事実をベースにできる限り自分のできることを売り込みましょう。

ポイントは、強みの名づけです。

自分の強みにタイトルをつけましょう。一目見て、どんな強みがあるのかが相手にわかると読んでくれる確率があがります。

謙虚に控え目になることはなく、しっかりとアピールをする必要があります。

このMUSTとCANに関しては、必ず記述しないといけません。

これに加えて、志望動機でWIILを記述します。続いて志望動機についてみていきましょう。

志望動機は、企業文化(社風や価値観)に対して、あなたのWILLを盛り込んで、作成しよう

アピールばかりだとしんどいので、同じぐらい志望動機が必要です。

志望動機が、インターネットで検索したテンプレートみたいな志望動機を見ると読む方はきっとうんざりします。

ですので、自分の率直な思いをオリジナルで、できるだけ伝えましょう。

応募先企業の組織文化に対して志望動機を書くと効果的です。

恋愛に例えると、給料や待遇は外見や職業や年収です。

組織文化が、性格や人間性です。

わかりませんが、好きな人にプロポーズするときに、その人の性格や人間性についてプロポーズしませんか?人それぞれかもしれませんが。

つまり表面的な事柄ではなく、組織文化に言及することで、他の応募者と差別化もできますし、採用担当者の心にも届きます。

その会社がどんな組織文化(社風、価値観など)をしているかを調べ、それを志望動機に落とし込みましょう。

ちなみに、組織文化があなたに合いそうにないなと思えば、職務内容や待遇があなたにとって好ましいものでも、その転職はお勧めしません。

組織文化は、転職においてとても大切な要素です。

中途採用者がうまく適応できないのは、社風にうまく適応できないというのが非常に多いように感じます。

そして、この志望動機を記述する際に、あなたのWILLを書きます、WILLとは、この先どうなっていきたいか、どうありたいと思っているかです。

もちろん、志望動機と適合するように書きます。WILLを書くことで、志望動機がグッとオリジナルになります。

それによって、志望動機に説得力がつきます。「そこまでいうなら、しっかり働いてくれそうだ」と思ってくれるようになります。

ぜひ、志望動機の中にWILLを盛り込んでください。このように応募先企業を知り、応募先企業が求めること(MUST)を自分の経験の中から分かりやすく記述します。

そして、自分の強み、何でもって貢献できるかという能力のアピール(CAN)を記述します。

最後に、自分のWILLを伝え、応募先企業の組織文化に共感を覚え、是非働きたいと思っている旨を記述します。

このように職務経歴書と履歴書を作成していくと、きっと採用担当者の目に留まります。面接の機会を得る割合はグッと高まるでしょう。

もし、それでも書類で落とされる場合は、もう仕様がありません。

あなたのこれまでの経験が、たまたま応募先企業の求めているものとずれていただけです。気にせずに次にいきましょう。


ブログのまとめ

まとめ:【転職】採用担当者の目に留まる職務経歴書・履歴書の作り方

採用担当者の目に留まる職務経歴書や履歴書の作成のしかたについて記述いたしました。

この記事の内容をまとめると下記です。

・会社がどういう人材を求めているかをどれだけイメージできるかに、採用されるかどうかが、かかっている。できる限りの情報を集め、どのような人材を求めているのかをイメージしよう

・企業の求めているものに適合するあなたの強みやできることをしっかりアピールしよう。根拠は必ず添える必要があるので、エピソードなどで伝えよう

・志望動機は、会社の内面の企業文化(社風や価値観)に対して作成しよう。そして、志望動機にあなたの望んでいること(WILL)を盛り込むと一層リアルに強化できる

最初の応募先企業のことをどれだけ調べて、どれだけイメージできるかに、採用されるかどうかはかかっています。

お忙しいとは思いますが、できる限りの準備をしていただければと思います。

そして、アピールには必ず根拠を添えて、志望動機は企業の内面に対して、あなたが何を望むかも含めて書きましょう。

オリジナルで、熱量のある書類こそが、書類選考を突破する鍵です。

もし、それでも、選考を落とされたら、気にせず次に行きましょう。エージェントから紹介されるだけでなく、気になる企業のHPなど調べてみるのも良いです。求人情報が載っていることが結構ありますよ

記事をご覧いただき、ありがとうございました。
  

この記事を書いた人
木下洋平

経営コンサルタント・研修講師
「ヒトが育つチームづくり」をはじめとした、人材育成と組織開発を得意としています
(保有資格)中小企業診断士・キャリアコンサルタント

投稿日 2021年3月26日

ブログのカテゴリーの一覧

ビジネススキル

ビジネススキル

ビジネスマインド

ビジネスマインド

コミュニケーション

コミュニケーション

マネジメント

マネジメント

メンタルヘルス

メンタルヘルス

モチベーション

モチベーション

新入社員向け・就職活動

新入社員向け・就職活動

営業・マーケティング

営業・マーケティング

中小企業診断士の試験対策

中小企業診断士の試験対策