ミライオンの人材開発ブログ

 

チームに様々なメリットをもたらすサンクスカードの解説

導入すると、様々なメリットがあるサンクスカードについて解説します。

実は、サンクスカードは多くの企業で導入されています。観光業や、医療業界、飲食業界などサービス業で導入されるのが多いですが、それ以外の業界でも導入するメリットがあります。

この記事では、サンクスカードの導入のメリットと導入の仕方についてご紹介します。

記事を読み終えると、サンクスカードについて具体的に導入できるぐらいに理解していただけるでしょう。

  サンクスカード

サンクスカードとは

サンクスカードとは、カードに感謝の気持ちを書いて渡し合うという取り組みです。

普段は面と向かってだと恥ずかしくて言いづらいことだったり、伝える機会がなくて伝えられないことだったりを伝え合うことができます。

名刺よりちょっと大きいぐらいのカードを使うことが多いでしょう。

感謝を伝えたい相手の名前と、感謝を伝える自分の名前と、感謝を伝えたい事柄を書きます。

例えば、
「資料をお願いすると、いつもすぐに対応してくれて本当に助かっています。ありがとうございます。」
「いつも笑顔で元気に挨拶してくれるので、職場が明るくなり、元気をもらっています。ありがとうございます。」
など、ポジティブに感じていることを率直に伝え合う取り組みです。

メンバー同士で直接やりとりしてもいいのですが、せっかくなので全社会議など全員の前で発表するのが効果的です。

半期に一回の全社会議の前などに、カードを配布して、記入後、投書箱に入れてもらうなどして運用します。

サンクスカードは、1人最低1枚は書いてもらい、たくさんの人に書きたい人は、たくさん書いてもらいます。

そして、全社会議などで、いくつかをピックアップしてみんなの前で公表します。

ピックアップは、意図を持って選ぶのも良いですし、無作為でその場でとって読み上げのもいいでしょう。

褒めるときは大勢の前で行うのが鉄則です。

みんなのまえで読まれると、サンクスカードをもらう側は、とてもうれしく感じ、一層やりがいが湧いてくるでしょう。

渡す側も、ポジティブな気持ちを感じ、気持ちよくなります。聞いているその他大勢も、チームとして賞賛される行動はどういったものなのかを再認識でき、真似できる部分を真似しだす人もでてくるでしょう。

組織全体でポジティブな効果が波及します。

サンクスカードを導入する際は、全社会議などの場で行うことを推奨します。

また、サンクスカードを導入する際のポイントとしては、ハードルを下げることが大切です。

サンクスカードを書くということがめんどくさかったり、抵抗を感じたりする人もいます。

こんな些細なことでも良いんだっていうぐらい、ちょっとしたことでも大丈夫だよって思ってもらえるような工夫をするのも効果的です。

例えば、サンクスカードのライトな記入事例を作成して、事前に伝えるのも良いでしょう。

サンクスカードは、紙のカードを使うのが一般的です。

様々なデザインのものも市販されていますので、そちらを使っても良いでしょう。

ウェブやアプリでもサンクスカードのサービスがあるようです。

ウェブやアプリのサンクスカードは使ったことがないのでなんとも言えませんが、 手書きの暖かさを感じられ、パッとみることができたい、デスクに貼ったりできるカードが個人的には良いのではないかと私は思っています。


サンクスカードを導入するメリット

サンクスカードを導入するメリットとしては、

賞賛・評価されづらい人にスポットライトがあたる
チームの価値観が再認識される
チームに対する帰属意識が高まる

などがあります。

営業職は売上など、客観的な数字によって評価がしやすいです。

また、営業職は表彰などの仕組みが機能している会社が多いでしょう。

一方、間接部門のスタッフだったり、サービススタッフは、客観的な評価の指標が少ないです。

評価・承認されることはモチベーションを上げる要因になります。

普段賞賛・評価されづらい間接部門のスタッフなどを評価・承認する仕組みとして、サンクスカードは有効に機能します。

例えば、効率性や生産性を重視する組織だとします。

すると、迅速な対応や素早いレスポンスなどのコメントが多くみられるようになるでしょう。

すると、そのようなスピード感のある行動や仕事の進め方が組織で推奨されているということを再認識できるでしょう。

事業のミッションや価値観などは、トップダウンに伝えるだけではなく、サンクスカードを使ってより浸透させていくということも意図することができます。

また、そのようなスピード感に関する実際のサンクスカードを集めてきて、それを写真に取り、ポスターなどにして社内に掲示するのもありです。

スピードに対する意識を浸透させ、組織全体の生産性の向上に寄与できるでしょう。

職場に自分の居場所があると感じられることは大切です。

自分を見てくれている人がいる、自分を認めてくれている人がいる、ということに気づけるとその集団に対する帰属意識が高まります。

愛着が湧き、ロイヤリティが高くなるので、パフォーマンスも上がりますし、離職率は低下します。

またチームを下支えしてくれているスタッフの雰囲気がよくなると、チーム全体の雰囲気はとても良くなります。非常に良い効果を実感がいただけるでしょう。


心理的安全性の向上にも寄与する

心理的安全性とは、「チームの中で対人関係のリスクをとっても大丈夫だと感じられること」だと、エイミー・エドモンドソン教授は定義しています。

そして、数々の調査によって、心理的安全性が高い職場は、人が育ちやすいチームであり、生産性も高いということが示されています。

サンクスカードを導入することは、この心理的安全性を高めることにも寄与すると、私は考えます。

職場で、率直に自分の感じたことや、考えたことを伝える習慣がない人がいます。

伝えて良いのだとも思っていない人もいます。

こういった人が自分の意見を率直伝えられるようになるには、自分の意見と率直に伝え、それが相手やチームに受け止めてもらえるという経験を積むことが効果的です。

サンクスカードは、ポジティブなことで、相手が喜ぶことを、間接的に伝えるという取りくみです。

率直に伝えることのハードルが下がり、自分の意見を率直に伝えることに抵抗感を感じているひとも、サンクスカードでなら伝えられるように感じるでしょう。

また率直に伝えるには、自己肯定感(自己有用感)も影響してきます。

自分のことを承認してもらえることにより、サンクスカードを受け取った人は自分のことを表現する自信をつけていくことでしょう。

渡す側ももらう側も、チームのなかで率直に意見を言いやすくなるのです。

これもサンクスカードを導入する重要なメリットの一つす。


ブログのまとめ

まとめ:チームに様々なメリットをもたらすサンクスカードについての解説

チームに様々なメリットをもたらすサンクスカードについて記述いたしました。

この記事の内容をまとめると下記です。

・サンクスカードとは、感謝を伝えあう取り組み。全社会議などのコンテンツとしても効果的。

・サンクスカードには、「賞賛・評価されづらい人にスポットライトがあたる」、「チームの価値観が再認識される」、「チームに対する帰属意識が高まる」などのメリットがある

・渡す側ももらう側も、チームのなかで率直に意見を言いやすくなる

サンクスカードは、簡単に導入でき、いくつかのメリットがあるため人気の施策です。

もし、導入される場合は、全社会議などでの実施と合わせて、間接部門のスタッフのエンゲージメントを向上させるのを強く推奨します。
きっと、非常に有意義な取りくみになるかと思います。

記事をご覧いただき、ありがとうございました。
  

この記事を書いた人
木下洋平

経営コンサルタント・研修講師
「ヒトが育つチームづくり」をはじめとした、人材育成と組織開発を得意としています
(保有資格)中小企業診断士・キャリアコンサルタント

投稿日 2021年5月4日

ブログのカテゴリーの一覧

ビジネススキル

ビジネススキル

ビジネスマインド

ビジネスマインド

コミュニケーション

コミュニケーション

マネジメント

マネジメント

メンタルヘルス

メンタルヘルス

モチベーション

モチベーション

新入社員向け・就職活動

新入社員向け・就職活動

営業・マーケティング

営業・マーケティング

中小企業診断士の試験対策

中小企業診断士の試験対策